読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしを探して旅をする

ものすごーく私的な観劇感想文なぞ

死の舞踏/令嬢ジュリー(20170326)

死の舞踏と令嬢ジュリー、全然違う物語だが、どちらも自縄自縛の二者関係(にもう1人が巻き込まれる)という、がんじがらみがらまれぐるんぐるんのお話だった。

別に二つのストーリーに関連性があるわけではなく、個々で上演してもまったく構わないものではあったと思うけど、私としては、この死の舞踏という階上の物語と令嬢ジュリーという階下の物語を、ひとつの劇場をふたつに分ける形で上演するというのがとてもおもしろい試みであるように感じられた。

なんでとかはうまく説明できないけど、あの、呼び鈴とつながる管でしゃべるやつ(ラピュタでパズーがゴリアテだって叫ぶやつ)が、死の舞踏では下から伸びてきていて、令嬢ジュリーでは上から伸びてきているのとか、外に出るとき死の舞踏では階段を降りて行って、令嬢ジュリーでは階段を上って行くのとかが、端的にその立場の違いを象徴していた。だけど世界観はつながっていて、階上は階上で、階下は階下でそれぞれ自分と相手にからまる縄にもがいている人間の姿が、なんだかおもしろいというと語弊があるだろうか、はたから見れば滑稽でもあるが、上にも下にもどこにでも転がっていて自分にも確かに経験のある痛い状況として突きつけられ、とても興味深く感じられたのだ。


そんなつながりを感じながら観たせいだろうか、それとも共感しやすい内容だったのか、城田優の色気がすばらしかったからか、とにかく私にとっては後から観た令嬢ジュリーの方がすごく引き込まれた。

誰か、ジャンとお嬢様が部屋から戻ったときの事後感がすごいと感想を書いている方がいたのを見たが、本当に、そう。そうだぞ!城田優からダダ漏れる色気、自然を装って不自然に合わない視線、ふいにお嬢様の輪郭をついっと撫でるだけで、なんかこう全部出る。そしてその後は立場や役割といった鎧を脱いだ裸の二人の会話が始まるわけで。いやー。あれは良かった。

でも、与えられてきた(あるいは負わされてきた)重い重いものを脱いで自由になりたいとお嬢様は願ったのかもしれないけど、一方ではそれに支えられ護られてきたということに無自覚だったんだよな。脱いだら本当に脆くて弱くて、自分で自分の手足を支えて動かすことができなくて、命令してと求めてしまう。ジャンもまた、制服を脱いでお嬢様を手に入れたことで、お嬢様と同列になったかのような感覚に陥ったのか、他の地へ飛び立って立場から自由になればなんでもできると夢を見るけど、役割を捨てたところでたいした力があるわけではないということに無自覚だった。

クリスティンが立場を見失うまいと手綱を握りしめるかのように立っているのが二人と対照的で、それがますます二人の脆さを浮き上がらせるように見えた。

最後の呼び鈴がまた、いろんなものをかき立てる。


私たちは何に縛られ、何に支えられてるんだろうな。意外と、縛っているのが自分自身で、支えているのが役割や立場だったりするのかもしれない。とか、観終わってそんなことをつらつらと考えている。


どうでもいいけど、「もっと優しく言ってちょうだい!」とお嬢様が何度も言うのには少しだけ(マチソワで疲れていたこともあるかもしれない)面倒臭くなってしまい、私の頭の中の吉田戦車が「もっとお母さんみたいに言ってくれ!」と言い出して変な笑いが出そうになってしまった。伝染るんです偉大なり。

白蟻の巣(20170312)

ブログの書き方模索中。

まとめようとするとハードル上がる上に結局あんまりうまく書けないことがわかったので、今回はもう背伸びせずにダラダラ書いてみる。まとまりはないけど、まとめようとしてもたいがいまとまらないからいいだろう。


今日は白蟻の巣を観てきた。

三島さんのことはよく知りません。代表作は「金閣寺」、という高校受験で培った知識と、割腹自殺した人という印象だけが強い。

だからいろいろ読み違えてるかもしれないし、知ってたらもっといろんなものが見えるのかもしれないけどまぁそれは置いといて。


うしろの紗幕がキレイ、というのが第一印象だった。家の外と中を分かつものだったり、ときにこの世の此岸と彼岸を分かつものだったりするように見えたりもした。

その向こうから聞こえる鳥のさえずりや酒盛りやカーニバルが何やら象徴的で、家具の配置が動くこともまた何やら象徴的であった。1回しか観てないので何が何を表していると考察できるほどには理解できていないのだけど。


寛大さの牢屋だ、というようなセリフがあったが、私は、旦那様が寛大さを装ってしまったことによって、なにもかもがとらわれてしまったと感じた。真の寛大さではないのだ。意図しているにしても意図していないにしても、許していないのだよな、旦那様は。だけど、その胸の内にくすぶる問題を扱うこともできないのだ。許したことにしたから扱えないのか、扱えないから「許す」という言葉を使ってフタをしたのか、その両方なのか、そのへんはわからないけど。結局、赦すことはできず、赦していないのに、赦さないこともできない。何もできないことが、「寛大」という言葉に押し込められた。寛大さの牢屋に閉じ込められているのは旦那様も同じなのだ。

悲しくも少し滑稽でもあるが、そうしてこの人たちは後悔することも前に進むことも何も十分にできない「死んだ人」となった。この先もまだ死んだ人として生きていくんだろうか。唯一生きていた啓子もまた、あれを経て死んだ人になっていくのだろうか。


なんだかこう、閃光のような激しい怒りではなく、粘り気のあるどろどろとした怒りが流れる作品だなと思った。


こういうことはどこにでも転がっていて、ちょうどいい具合に悲しんだり怒ったりすることはなんと難しいことか、と思う。

もしかしたら、ちょうどよく喜んだり楽しんだりすることも、ときには難しいのかもしれない。

振る舞いたいように振る舞えないことがある。それが自分を縛り、他人を縛り、次の展開を作ってしまうことがある。暴力になることもある。

いや、人の行動はその意図に関わらず、誰かを傷つけることもあれば、誰かを救うこともあるのだ。どう転ぶかはわからない。だったらせめて、自分から湧き出でるものに誠実に、自分の大事にしたいものに沿っていたいものだ。どんどん物語から離れるけど、そんなことを考えた。


私は、完全なる勘違いにより、観始める前に「白蟻の巣」というタイトルを見てアリジゴクを思い浮かべていたのだが、あながち間違いでもなかったかもしれない。いや、完全に間違いですし、白蟻の巣もがっつりあの物語を象徴したものなんですけど、あの人たち、アリジゴクにとらわれてましたよね?と。一度ハマると出るのが難しいんだよ、アリジゴクは。


そんなこんな、とても、おもしろかった。旦那様の平田満さんの表向き落ち着き払った抑えた声がステキで、でもその奥にただの寛大な人ではない何かが常に潜んでいることをうかがわせる響きがすばらしかった。なんなら、登場シーンで、えっかっこいい…となぜか(と言ったら失礼なのだろうか)思わされた。じいや的な半海さんもコミカルだけどこの人どこまでわかってんだろもしかして全部わかってんのかな感がすごい。道化的役回りだったんだろうか。でもそこまで道化感はなかったか。


三島由紀夫とか難しそうとビビりまくりつつ、あんまり余裕もなかったので予習なしで観たのだが、(予習してたらもっといろいろ考えたかもという可能性は置いておいて)わかりにくさなどはなく、満足した。戯曲もそのうち読みたいと思う。


わたしは真悟(20160108ソワレ)

333ノ テッペンカラ トビウツレ!!!

 

工場見学で出会った小学6年生の悟と真鈴は,

産業用ロボットに言葉や情報を与えていく。

そして,夏休みの終わり。

大人によって引き裂かれそうになった二人は,

その「愛」をまっとうするために

結婚して子どもを作る決意をした。

子どもの作り方がわからない悟に産業用ロボットが出した答えは,

「333ノ テッペンカラ トビウツレ」

大人たちがふもとで大騒ぎする中,東京タワーから飛び出す二人。

その頃,二人の知らない場所で奇跡が起きていた。

 

人知れず自我が生まれた産業用ロボットは,

従業員たちを振り切って工場から逃げ出した。

そして,自らを悟と真鈴の子だと理解し,

自らに「真悟」という名前を与えて,

父の言葉を母に伝える旅に出る。

母の最後まで言えなかった言葉を父に伝えたいと願う。

 

最後には,「アイ」だけが残った。

 

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 

舞台を見ていてぼんやりと思ったのは,

美しいなぁということだった。

最後のシーンがとても温かくて美しく感じたというのもあるが,

ダンサーさんの動きとか背景に出てくる身体の曲線とかが

なんか少し不気味でもあるけれども,美しいのだ。

その不気味さと美しさと温かさが,

誰もが経験する子どもであるワタシの喪失という出来事を

悲劇的に,しかし美しく,温かく包んでいる作品だと思った。

ちょっとこねくりまわして考えすぎな言い回しだろうか。

でも,いわゆるハッピーエンドではないのだろうが,

とても温かい気持ちで観劇を終えたのだ。

 

そして,なんだかいろんなことが頭をよぎっていった。

 

私とは何か,という問いは,

まさに大人になっていく過程で突きつけられる問いだ。

自我同一性の確立とか言うと仰々しいだろうか。

 

子どもの頃のワタシと,大人の私は,同じわたしなのだろうか。

たぶん,違うのだ。

悟と真鈴もきっと,彼らが予感したとおり,

333ノテッペンにいたときの彼らではなくなった。

彼らは,間違いなく彼らが育てた子どもである「真悟」を

見つけることができなかった。

あのときの光のようなまっすぐさと強さは,

その後の彼らにはない。

彼らの記憶は,温かくも薄れていった。

かたや真悟は,自らに名前を与え,使命を与え,

それをどこまでもまっすぐに全力でまっとうした。

これが機械と人間の違いなのだろうか。

それとも,子どもと大人の違いなのだろうか。

真悟が倒れるそばで穏やかに遠くを見つめる悟役の門脇麦さんの

少しだけ大人びた表情が印象的だった。

後先を考えずにどこまでも突き進んだ子ども時代は,

気づけなかった奇跡を残して終わっていき,

あのときのワタシたちはもういないけど,

真悟が届けた「アイ」だけは,そこに残ったのだ。

 

そこからの最後の場面がシンプルで美しいんだ。

子どものままの二人が子どもらしくブランコで遊び,

それを真悟が見守り,そして,背中を押し続ける。

ここんとこプレビューのときは

正直ブランコをきれいに操り切れていなかったのだが,

きれいにそろうと本当にきれいに終わるのだと思った。

 

突然話題を変えるが,

私は,成河さん演じる真悟が「わたしは,真悟!」と名乗るとともに

真悟本体(ロボット部分)を操る鈴木さんと引間さんの

顔を覆うマスク(?)をひっぺがす演出がとても好きだ。

私は名前を付けるということは,

その物や事象の存在を認める(存在する場を与えると言ってもいいかもしれない)

ことと密接につながっていると思っている。

だから,うまく言えないのだが,

名前が生まれるとともに個性がある何かになるその演出が,

とてもしっくりきて,とても素敵なことに感じられたのだ。

そういうところもまた,美しかった。

このあたり考え出すとわけのわからない方向に行きがちなので,

ここらあたりでやめておく。

 

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

今回見ていて惹きつけられたのは,やはり真悟ズだろうか。

本体を操る引間文佳さんと鈴木竜さんの動きがとてもなめらかでいいし,

何より自我を演じる成河さんとなんか通じ合ってる感じがするのだ。

互いの動きが,なんとなく,何度となく。

 

あとは悟の門脇麦さん。

ところどころ,本当にマンガの悟と同じポーズをしていて,

昭和の男の子感がとてもかわいかった。

 

昭和といえば,真悟本体の造形やそこここの昭和テイスト,楳図テイストに

原作への敬意を感じる作品でもあった。

 

あと,最初の333シーンで

群衆としてがっしがしに踊る大原櫻子さんにもびびった。すごいな。

 

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 

で,だ。

わたし的な本筋はここからだ。

成河さんが,美しいです。

うだうだとうざいことを語ったが,

正直なところ,素直な感想は大半がこれだ。

生まれたところでしょ,

自分の身体感覚をつかむところでしょ,

シカクがサンカクになってマルになってなお高みを目指すところでしょ,

母を助けるところでしょ,

父に存在を否定しないでとすがるところでしょ,

大口開けてぶっ倒れてからの,あの美しいラストでしょ。

すごく観客からの見た目も意識した表現をしているように思う。わかりやすい。

そんでロボットの自我という抽象的で異質な存在なんだけど,

全部としっかりとつながりを持って存在しているんだよ。

なんならつないでるんだよ。場面を。作品を。

 

一般人が日常生活で使い得ないような部分の筋肉を使っているに違いないと思わされ,

関節の数は私と同じかな,と数えてみたら同じだなとか時折思考を飛ばしつつ,

そんであぁ美しかったと思って息をついていると,

カテコでちょっとおどけた感じのロボットダンスをしだすという・・・

なにそのギャップーーーー!!

おかわりーーー!

というわけで,今週末もまた行きます。

 

 

はーー長い文章書いた。